ホーム » アニメ全般 » 【俺好き】俺を好きなのはお前だけかよOVA予想スレ

おすすめ記事


【俺好き】俺を好きなのはお前だけかよOVA予想スレ

1 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 09:35:49.20 ID:6Nq9SOtu.net
立ててみた
アニメは4巻で終了。5巻がまるごとカットされている
要望があれば自分なりの予想結果を書き込んでみる

3 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 10:27:54.95 ID:6Nq9SOtu.net

アニメ最終話のあらすじ

・ホースを中心とした唐菖蒲高校の助っ人により図書室閉鎖は免れる。
・チェリーとつきみは相変わらずホースとパンジーを恋人にしようと企む。
・図書室の会話にてパンジーがサンちゃんになぜか「ごめんなさい」と言う
・たんぽぽがパンジーに恋人を作りたかった理由:たんぽぽが惚れているホースの気持ちがパンジーにしか向いていないため、パンジーに恋人を作ればホースは諦めると思ったから。
・たんぽぽは意外にも真面目な野球部マネージャー
・図書室にてジョーロがホースに「パンジーに恋人ができたらおまえはどうする?」と聞く。
 これに対しホースは「そのときはおめでとうと言うしかないよね」と答える。
・これを聞いたジョーロはパンジーに告白してホースから引き離そうとするが、パンジーから「サンちゃんと恋人になる約束をしている」と告げられる。
 さらに「しばらく図書館に来なくていいわよ」と突き放される。
・動揺するジョーロとホース。
・サンちゃんを呼び出し例の約束の件を聞く。サンちゃんから心ない言葉が飛び出す。だが、親友のままでいようとすることに2人は同意。
・串カツ屋でコスモス、ひまわり、あすなろとハーレムメンバーに入っていないサザンカが顔を出す。
・ジョーロが図書室に行かなくなった件でツバキ、サザンカからハッパをかけられる。
・ジョーロはパンジーの言葉の一部の意味に気付く。またサンちゃんの意図したことにも気付く。
…サザンカからの激励は原作に準じた話で見所の一つでもあったりする。
・ジョーロは親友のサンちゃんより大切なことができたと話し、応援はできないと言う。サンちゃんから野球に例えたアドバイス。
・図書室にて。ホースがパンジーに何度目かの告白。そこにジョーロが登場。
・「しばらく」したから図書室に来たジョーロ。「女の特権はてめぇの我が儘で俺を振り回すことだ!」「てめぇはうんとさみしがり屋でとびっきりの甘えん坊さんなんだろ(3話伏線回収)」
・邪魔をするチェリーとつきみにパンジーは「とても困っているわ」(9話の伏線)と助けをジョーロに求める。
・ジョーロは「今俺は滅茶苦茶暇だよ」(9話伏線)と返し、パンジーを助けることを明言する。
・先手をとれたジョーロはホースとの勝負の罰ゲームの内容を説明する。「負けた方は三色院菫子に近づかない、話しかけない」
・ジョーロは「三色院菫子は手めぇには渡さないと公言。ホースも同意。
・たんぽぽの持っていた赤い髪留めをコスモス、ひまわり、あすなろ、チェリー、月見、パンジーに渡しルールを説明。
 野球地区大会決勝でパンジーのそばにいた方が良いと思う人に女の子は髪留めを渡す。決勝で西木蔦が勝ったらジョーロが、唐菖蒲が勝ったらホースが更に髪留めを1個もらえる。
 最終的に髪留めを多く貰った方が勝ち。
・女の子の数的にジョーロが有利に見えたが、コスモス、ひまわり、あすなろがルール変更を申し出。図書室で3人はホースに髪留めを渡してジョーロが圧倒的不利に。
・コスモス、ひまわり、あすなろの行動の意味をパンジーは察する
・コスモス、ひまわり、あすなろが正式にジョーロに愛の告白(台詞は原作どおり)
・ジョーロとホースがタンカ切り合ってFin
「すべてのラブコメを過去にする」 おわり

2 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 09:49:09.00 ID:Ilejd0GF.net

アニメサロン板あたりでやれ

78 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/29(日) 09:59:11.45 ID:4+nOACPp.net

ジョーロは、1塁側で、家の鍵を無くして困っていた西木蔦高校1年生女子を助けていた。
そこで出会った同級生の綾小路颯斗と会話をする。試合の状況は一新一体。
実は、綾小路颯斗はひまわりにジョーロの情報を流していた。

37 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 18:52:17.92 ID:6Nq9SOtu.net

【俺が選んだ道は】

大賀太陽 高校2年 6月。
ジョーロがパンジーと喧嘩をした。
まさか俺が何もしないで、勝手に二人の仲が壊れるなんてな。
少し前に俺は、『ジョーロを煮るなり焼くなり好きにしていい』という権利まで手に入れている。
今の状況でこいつを使えば、間違いなくジョーロを排除できる。
『もうパンジーに近づくな話しかけるな』ってさ。

「去年の俺達野球部が挑んだ地区大会の決勝戦のこと、憶えているか?」
「まあ、それなりに憶えてるよ。さすがに全部って聞かれると自信ねぇけど…」
「なら、俺の第一打席のことは?」
「そこならバッチリだ!一球目で、ボール球なのにホームランを打った奴だよな?」
いちいち嬉しそうに俺の功績を語るなよ…。俺がクソ野郎なんて分かりきってることじゃないか。
「憶えていてくれて嬉しいぜ。あの時、俺、一球目は絶対にフルスイングするって決めてて、適当に全力でバットを振っただけなんだよ」
「え?そうなのか?」
本当は、ボール球だけど、ちゃんと打てるって思ったから振ったんだ。
「だからさ、ストライクゾーンじゃないからって見逃してばっかいたらチャンスを逃すぜ?」
「俺はいつも全力だ!自分にとって大切なものがあって、それを守りたいってんなら、空振り覚悟でやってみるのも悪くないぜ!」

これは俺の求める理想像。臆病者の俺には絶対に辿り着けない。
俺は、ジョーロに自分の理想を押しつけた。
失敗すれば、今度こそジョーロとパンジーの仲は崩壊する。だから問題ない。
…なんてな。もう、自分にまで嘘をつくのはやめよう。
ジョーロなら、絶対にパンジーと仲直りができる。
花舞展の時、本当の俺を知っても受け入れてくれたジョーロと過ごして、思ったんだ。
一人では弱い俺でも、ジョーロと一緒なら、どんなことでもできるかもしれないってさ。
だから決めるところはしっかり決めてくれよ。…ジョーロ

9 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 13:27:49.01 ID:6Nq9SOtu.net

「俺と同じで違う奴」

大賀太陽 中学1年5月

ジョーロの他に気になる人物が1人できる。
『彼女』
少し長めの片三つ編みに眼鏡をかけた容姿。
大賀は『彼女』を好きになる。
『彼女』はいつもオドオドしていて、何かに怯えるような口調。
性格は偽っていないが、他人に嫌われないように、自分を主張しないように感情を押し殺すいじらしい姿に大賀は惚れた。
大賀は『彼女』からジョーロ君と一緒に食べてと渡されたクッキーを受け取り喜ぶ。
一方、トイレで大賀の悪口を言った芝に対してジョーロが切れたのを聞く。
ジョーロは芝に「サンちゃんは先輩に頼んでピッチャー以外のポジションの練習をさせてもらっている」と芝の悪口に反論。
芝も「俺は残って練習している」と答える。
ジョーロは芝にサンちゃんの悪口を言わないと約束させる。
一連のやりとりを聞いていた大賀はジョーロと自分の決定的な違いに気付く。

俺はみんなから嫌われないために自分を偽ってきた。
だがジョーロは大事な奴を傷つけないため、守るために自分を偽っている。

この日から大賀はジョーロを親友ではあるが同志ではないと認識する。
俺とは真逆の男。

140 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2020/02/14(金) 04:49:42 ID:5x6dVyWz.net

ヽ “゙ー-、、         / : :!
 i 、 :. ヽヽ_,,…..、,,,….._;/ ,;’   ;,.!
  i.,  ..;;;ヽ       ヾ ,,;_ , /
  ヾ_:::,:’           -,ノ
  ヾ;.    、,  ノ_ ヽ,,._ ,.、;,
    ;;   ≦゚≧,ミ::,≦゚≧ ;:
    `;.    ⌒( ._.):∧_∧:∩  ,; ‘(⌒─⌒)
    ,;’   (,,,,,,,,,,人,,,(´゙゚’ω゚’):   ((´゙゚’ω゚’)’)  友達噛む噛む
   ;’    ヽ 王王王 ⊂彡    /⊃  ノ
    ;:            ’;;     しー-J

30 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 17:05:00.55 ID:6Nq9SOtu.net

第4章 俺たちのエンドラン

8回裏の守備。
ジョーロは…
「待たせたな、パンジー」
「ええ、待ちくたびれたわ。ジョーロ君。あなたの調子はどう?」
「俺にしちゃ上々だ。ただ、状況が変わっちまった」
「どうしたの?」
「ホースが成長したよ。裏の気持ちが分かる男になった」
「…っ!そ、そう…」
「だから…決めるのは俺じゃねぇ。お前だよ」
「私は…」
「だから…、最後まで全部見て、どうするかを決めて欲しい」
「…」
「菫子との最後の会話は全部終わったかな?ジョーロ」
「まだ終わってねぇな。けど、気にすることはねぇぜ。今日中には終わんねぇからよ」

「おっまたせぇ!ジョーロ、今度は逃げちゃダメだよ!」
「ジョーロ君、朝のようにはいかないからね?」
「まさかサザンカ達にあそこまで食い止められるとは、やってくれましたね!」
ひまわり、コスモス、あすなろ。
「おまたせ」
「お待たせっしょ!あは!ようやくだね!」
つきみとチェリー
「せめてここは移動しようぜ。パンジー、いいか?」
「…構わないわ」

一塁側スタンドから通路へと移動。
スタンドの様子は全く見えない。小さく歓声が聞こえるだけ。

「そんじゃ!まだ髪留めを渡してないうちから!つきみっち、行こう!」
「うん」

109 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/30(月) 11:02:26.04 ID:l+sMBjtJ.net

7月、他校の生徒が図書室に来て手伝いをしている。その生徒たちをジョーロが警戒していることに気づく。パンジーがホース、チェリー、つきみを苦手にしている。
パンジーが弱っている今がチャンスだと思い、地区大会決勝戦で勝ったら恋人になってもらう約束をかわす(アニメの進行に合わせます)。
パンジーからその話を聞いたジョーロから呼び出されたので、それは事実だと伝える。
大賀は、ジョーロと同じように振る舞うことで、パンジーのそばにいられる。また、ホースのおかけで図書室は守られ、パンジーは俺のものになるのだとジョーロに話す。最後に「俺は俺のやるべきことをやった。ジョーロはジョーロのやるべきことをやってくれ、俺の親友として」と伝えて去る。

87 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/29(日) 14:05:46.62 ID:XtLHJZ0x.net

一部訂正アリ

>>78
訂正 一新一体 → 一新一体

>>81
4行目 修正
ジョーロがつきみに、ホースが『つきみちゃんが僕の一番大事な幼なじみだよ』と言っていたことを伝えると、つきみの機嫌が良くなる。

85 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/29(日) 10:34:18.52 ID:4+nOACPp.net

OVAになりそうな展開の簡易版。
大まかな流れのみ記載してみました。
一旦中断しますが、続きます。

112 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/30(月) 11:52:26.08 ID:l+sMBjtJ.net

大筋はこんな感じだと思いますが、OVAはまたかなり改変が加わるでしょう。

101 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/30(月) 00:11:00.33 ID:l+sMBjtJ.net

ロッカールームに、『サンちゃん』を演じることに疲れた大賀太陽が一人残る。
球場の北口から出ると家が近いが、知り合いに会いたくないので別の出口から出る。
南口から出ると、串カツを持つジョーロが待っていた。以前、泣き顔を見られたくないので南口から出たという話をしたのを、ジョーロは覚えていた。
大賀太陽は以前手に入れた、ジョーロを煮るなり焼くなり好きにしていいという権利(アニメではプールでの勝負)をここで使う。
この串カツ、一緒に食べようよ。
いつものサンちゃんに戻って、串カツをジョーロと一緒に食う。
大賀太陽の陰の部分は皆からも、自分自身にも嫌われるのに、なぜジョーロは受け入れられるのか。
サンちゃんはジョーロに言う。

「俺を好きなのはお前だけかよ」

サンちゃんとして抑えようとしていたものが、つい出てしまう。
なんつーか、この串カツよ…しょっぺえな!

終わり

54 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/27(金) 19:14:43.24 ID:VSEwszt8.net

【俺が最後に使うのは】

大賀太陽 高校2年 七月 夜道。

部活が休みだった日、放課後に図書室を訪れると、他校の奴らが手伝いに来ており、そいつらをジョーロが警戒していた。
パンジーがそいつらを苦手にしているからだ。
ホースと呼ばれる男はパンジーの中学時代の同級生で、恋愛緩徐を抱いているという。
パンジーはそれに応える気がないが、助けてもらった経験があり、なにも言えない。

「ジョーロ君が心配だわ。きっと、頑張りすぎてしまうから。ジョーロ君はとても優しくて、とても傷つきやすい人。私のせいで…嫌なの」
ジョーロは情けない奴だ。ちょっとしたことで落ち込んで、へこたれて、心が折れる男だ。
だが、その度に復活して、強くなって帰ってくるんだよ!
ホースは凄い男だと思う。だが、ジョーロも負けてない。俺からしたらジョーロの方が遙かに優れているようにすら思える。

パンジーは今弱っている。以前ジョーロにも言った。恥も外聞も気にせず空振り覚悟でやれって。今が…その時だ。
「俺とパンジーが恋人になるってどうだ?そうしたらホースもジョーロも何もしなくなるぜ!」
嘘と真実を織り交ぜた、俺の十八番芸。
俺がパンジーを好きなのは真実。
だが、ジョーロが何もしないなってことはない。あいつはパンジーのために絶対に行動する。そこが嘘。
「ごめんなさい…」
…だよな。

「一つ教えてくれ。ジョーロと全く同じことができて、そいつがジョーロより何もかも優れていたらどうする?」
「関係ないわ。私は、ジョーロ君がジョーロ君だから好きなの」
…そうだと思ったよ。パンジーの言葉は奇しくも、中学時代の『彼女』と全く同じ物だった。

53 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/27(金) 15:09:55.97 ID:zMR2DkEH.net

>>52
タンポポさんのことをお忘れか

91 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/29(日) 22:32:19.52 ID:4+nOACPp.net

チェリーとつきみはホースに髪留めを渡そうとするが、コスモスとひまわりに止められる。
朝、ジョーロが逃げなければ、みんなで話し合いたかったとのこと。
コスモスとひまわりは、チェリーとつきみに、自分のホースへの気持ちを終わらせるためにパンジーを利用するなと言う。

142 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2020/03/06(金) 08:39:26 ID:5RgyD7cf.net

誤爆ごめん

108 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/30(月) 10:47:54.07 ID:l+sMBjtJ.net

5月の花舞展、6月のジョーロとパンジーの喧嘩ジョーロから仲直りの申し出があった以降、二人に協力することで『サンちゃん』はパンジーに近づくことに成功する。
アニメではプールでの勝負で、なぜか『ジョーロを煮るなり焼くなり好きにする権利』を手に入れる。
ジョーロとパンジーの喧嘩に関して、この権利を行使すればジョーロを完全に排除できるが…ジョーロに仲直りのためのアドバイスを与える。

この時すでに、ジョーロに対する恨みはなく、本当の親友として認識している。

113 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/31(火) 10:02:42.05 ID:6oKNobnh.net

俺好きラジオの駱駝氏によればOVAは1話
時間は不明

95 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/29(日) 23:17:52.66 ID:4+nOACPp.net

ホースは、ジョーロがコスモス達と球場に来てからずっと見てきたという。
通路で会ったときに、迷子幼女のことを隠したことで、ジョーロの作戦に気づいた。
電波が悪いと『嘘をついて逃げた』のは、このままではホースが負けるから。

ジョーロは『俺の負け』だと言う。
ホースは変更された罰ゲームの内容をコスモス達に告げるが、聞いていないと反発される。しかしながら、彼女らに打つ手はなし。

ホースはパンジーに4度目の告白をする。

72 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/29(日) 09:31:49.94 ID:4+nOACPp.net

13時、試合開始。
その少しあと、ジョーロは1塁側スタンドに辿り着く。
焼き鳥屋のノルマからは開放。
ジョーロの作戦とは、ホースのいないところで他の女を説得すること。
試合終了までの僅かな時間で成功させなければならない。

83 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/29(日) 10:25:27.25 ID:4+nOACPp.net

ホースの中学校時代の話。
パンジーが困っていたところを助けたあと、彼女を好きになり、告白したがフラレた。
ここで、パンジーととても仲の良かった彼女の友達の話をする。その子は他校の生徒でホースも会ったことはない。パンジーから見てもとても強い意志を持った子で憧れるとのこと。
ジョーロはふと思い出す。中学校時代に普段はオドオドしているが、肝心なときにとても強い意志を発揮する子のことを。
ホースは、パンジーが彼女の話をするときに見せる笑顔に惚れたと続ける。

69 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/29(日) 09:15:47.27 ID:XtLHJZ0x.net

ホースに勝負を挑んでから2週間。
ホース、チェリー、つきみは毎日西木蔦高校の図書室に通い続けた。
野球部は順当に勝ち上がり、西木蔦と唐菖蒲高校の決勝戦に。
決勝戦は13時からだが、ジョーロは秘策を実行するために、8時に家を出ようとするが、コスモスとひまわりに拘束される。

8 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 13:13:09.22 ID:6Nq9SOtu.net

逃げ出したジョーロは北口のとある焼き鳥屋さんに隠れさせて貰う。これが後々の伏線にもなるのだが、アニメの範囲では特に大きな問題はない。
コスモスとひまわりは西口から球場へ。
「さぁ…、行くぜ。…プレイボールだ!」

63 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/27(金) 21:55:11.17 ID:VSEwszt8.net

「この串カツ…、一緒に食べようよ」
「…そんなんでいいのか?もっと他のことに…」
「それがいいんだ。…ダメかな?」
この串カツは俺にとっての勝利の証だ。そして、小学校の頃に学んだ。大切なのは、『共有』。
だから、俺は信用している…一番大事な親友の…如月雨露と勝利を『共有』したいんだ。
「おいしいでしょ?」
「ああ。さすがツバキの串カツだ。めちゃくちゃうめぇな!」
ほら出番だぞ。『サンちゃん』
「だったら一緒に食おうぜ!どっか手頃な場所に移動しようぜ!俺の熱き食いっぷりを見せてやる!」
「お、いつもの調子に戻ったな」
「だな!…よっしゃ、ここにしようぜ!」
球場の出口から少し移動した先にある階段に、並んで腰を下ろす。真ん中に串カツを置いて。
「ぶはー!うっめぇ!なぁジョーロ!俺、今日勝ったんだぜ!甲子園に行けるんだぜ!すごいだろ!」
「ああ、サンちゃんはすげぇよ。さすが、俺の親友だな!」

なぁ、ジョーロ。知ってるよな
ひまわりもコスモスさんも、最初は俺が好きだったんだぜ。
なのに『おおが』のことを知ったら、拒絶されちゃってさ。自分勝手だってわかるけど、寂しかったんだ。
ひまわりにも、コスモスさんにも、パンジーにも、『彼女』にも、そして何より…俺自身にも拒絶された『おおが』。
どうしてお前だけが『おおが』を受け入れる?
言葉というのは不便だ。頭の中ではまとまっているのに、それに当てはまる言葉が見つからないことが多い。
だけど、今の気持ちを表現する言葉は、ちゃんと見つかっている。

「俺を好きなのはお前だけかよ!」

「はぁ?何を言ってんだよ?」
「うるさい!そういうことなんだから、文句をいうな!親友だろ!」

「なぁジョーロ!この串カツ、すっげえうまいんだけどさ、ちょっとだけ文句があるんだ!」
「サンちゃんの舌って案外細けぇな。それでどうした?」
「なんっつーか、この串カツよ……しょっぺぇな!」

63 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/27(金) 21:55:11.17 ID:VSEwszt8.net

「この串カツ…、一緒に食べようよ」
「…そんなんでいいのか?もっと他のことに…」
「それがいいんだ。…ダメかな?」
この串カツは俺にとっての勝利の証だ。そして、小学校の頃に学んだ。大切なのは、『共有』。
だから、俺は信用している…一番大事な親友の…如月雨露と勝利を『共有』したいんだ。
「おいしいでしょ?」
「ああ。さすがツバキの串カツだ。めちゃくちゃうめぇな!」
ほら出番だぞ。『サンちゃん』
「だったら一緒に食おうぜ!どっか手頃な場所に移動しようぜ!俺の熱き食いっぷりを見せてやる!」
「お、いつもの調子に戻ったな」
「だな!…よっしゃ、ここにしようぜ!」
球場の出口から少し移動した先にある階段に、並んで腰を下ろす。真ん中に串カツを置いて。
「ぶはー!うっめぇ!なぁジョーロ!俺、今日勝ったんだぜ!甲子園に行けるんだぜ!すごいだろ!」
「ああ、サンちゃんはすげぇよ。さすが、俺の親友だな!」

なぁ、ジョーロ。知ってるよな
ひまわりもコスモスさんも、最初は俺が好きだったんだぜ。
なのに『おおが』のことを知ったら、拒絶されちゃってさ。自分勝手だってわかるけど、寂しかったんだ。
ひまわりにも、コスモスさんにも、パンジーにも、『彼女』にも、そして何より…俺自身にも拒絶された『おおが』。
どうしてお前だけが『おおが』を受け入れる?
言葉というのは不便だ。頭の中ではまとまっているのに、それに当てはまる言葉が見つからないことが多い。
だけど、今の気持ちを表現する言葉は、ちゃんと見つかっている。

「俺を好きなのはお前だけかよ!」

「はぁ?何を言ってんだよ?」
「うるさい!そういうことなんだから、文句をいうな!親友だろ!」

「なぁジョーロ!この串カツ、すっげえうまいんだけどさ、ちょっとだけ文句があるんだ!」
「サンちゃんの舌って案外細けぇな。それでどうした?」
「なんっつーか、この串カツよ……しょっぺぇな!」

29 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 16:51:08.52 ID:6Nq9SOtu.net

球場。6回の裏。0-0。
大賀太陽ピンチに陥る。

とりあえず1球外そうとする弱気なおおがと、勝負から逃げないサンちゃんの葛藤。
ライト線に飛んだ打球はヒット。2塁ランナーがホームを狙う。
そのとき
「「取るなぁぁぁぁ!」」
ファーストは返球をスルーし、そのままキャッチャーへ。
「アウト!」
声の主は大賀と芝。二人の判断でピンチを凌ぐ。

「芝、ありがとうな。叫んでくれて。俺一人だったら、聞こえてなかったかも知れないからさ」
「余計なことを言ってる暇があったら、大人しく休んでろ」

嫌いな奴でも、過去になにがあっても芝は俺の『仲間』なんだ。
試合中だけは信じて見ようかなってさ…

74 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/29(日) 09:42:21.73 ID:4+nOACPp.net

迷子の幼女を見つけてしまう。
3塁側唐菖蒲高校の応援スタンドで同校の姉に引き渡すことができたが、自販機近くでウロウロしているところをチェリーに発見される。
チェリーに「ホースへの気持ちを諦めないで」と説得を試みるが…
他の皆に連絡すると言って身柄を拘束されそうになったため、ジョーロはチェリーのおっぱいをもんで動揺させる。
チェリーが自販機横のゴミ箱を倒した隙きを見計らってそこから逃げ出す。

7 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 13:09:45.11 ID:6Nq9SOtu.net

決勝戦当日 朝8時

ジョーロはある作戦決行のため試合より大分早く家を出ようとするが、ひまわりとコスモスに先回りされる。
逃げ出せないと悟ったジョーロはとある人たちに電話をかける。

電車を降り徒歩15分ほどのところにある球場へ向かう。
球場の西口入口が見えてきたところでひまわりは
「つきみちゃん、あすなろちゃん、チェリーさんと待ち合わせているからそこへGOだよ!」
と彼女らの目的を告げる。
ジョーロはひまわりに頭を使う問題を出して一瞬混乱させ、それに反応したコスモスも含め2人の拘束が緩んだ隙に逃げ出す。
電話した男子生徒の協力を得てエスケープに成功。

79 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/29(日) 10:03:08.29 ID:4+nOACPp.net

ジョーロはサザンカ(とカリスマ群の皆様)に会うため、一塁側スタンドに来ていた。
まず、ホースとの勝負の件を伝え、絶対に勝ちたいと言う。
次に、つきみと話したいので、他のやつが一緒にいたら引き離して欲しいと伝える。
ジョーロがつきみのことを好きではないと確認したサザンカは、ジョーロに協力することになる。

103 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/30(月) 09:27:29.77 ID:l+sMBjtJ.net

OVAに出るであろう大賀太陽(サンちゃん)について

OVAに使われるであろう原作5巻では、大賀太陽はもう一人の主役的な扱いである。
ライバル校である唐菖蒲高校との野球対戦の間に、子ども時代から現在までの大賀太陽の変化、成長がモノローグ的に描かれる。

大賀太陽は、『サンちゃん』と『おおが』を使い分けて、自分の心理を語っている。

OVAでも大賀視点でのストーリー展開が少なからずあると推測する。
また、アニメでは原作1巻を3話のペースで描いていたため、OVAもそれにならって3話構成になるのではないかと予測している。

18 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 14:38:33 ID:6Nq9SOtu.net

侍化したコスモスから電話。
外野席で合流しようと伝える。
向かっているのは1塁側スタンドだけどね。

64 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/27(金) 22:03:11.54 ID:VSEwszt8.net

OVAで予想される原作5巻のまとめは以上。

結局、ジョーロはパンジー、コスモス、ひまわり、あすなろ全員に好きだといい、ボコボコにされる。
ツバキの店で串カツを買った時に、心中を見透かされる。図書室メンバーを親友同士にしたい。ジョーロが誰を一番好きなのかを隠したまま。
サンちゃんがベンチでパンジーへの気持ちを告白したときにつぶやいた言葉。泣き顔を見られたくない時は南口。
ジョーロはサンちゃんと南口で出会う。
『おおが』から『サンちゃん』に戻ってジョーロと串カツを食う。
タイトル回収。サンちゃん視線で「俺を好きなのはお前だけかよ!」
最後に涙が染みて「この串カツよ…しょっぺぇな!」。

119 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2020/01/03(金) 15:54:57.98 ID:fywHd7if.net

ダイジェストで小説の内容か
何巻分よ

51 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 22:51:48.35 ID:6Nq9SOtu.net

>>45
これに追加

ジョーロの髪留め99個
ホースの髪留め98
必死にパンジーから髪留めを貰おうとする見苦しいホース
てめぇの好きにしなと言い放つジョーロ
パンジーはあのときと全く同じ言葉
「ジョーロ君が好きなの」
と言い、髪留めをジョーロに渡す
感情的になったホースは思わずジョーロを殴ってしまうが、完全にパンジーから嫌われる
「この勝負、俺達の勝ちだ」

43 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 20:37:51.05 ID:6Nq9SOtu.net

「なっ…!」
ホースの奴、さっきとは比にならないくらい動揺してやがるな。
「ホース、お前は何をやっても俺の上を行きやがる。だからこそ考えた。てめぇは絶対に、俺の予想外の行動をするって予想したんだ。」
俺ではなく、『ホースのいないところで、サンちゃんが他の女達を説得する』。
これが作戦の第二段階。
「よっしゃあ!それじゃあ、みんな頼むぜ!」
まず一つ、たんぽぽから。その数は当然『1』。
続々とチア部や吹奏楽部、それに他のみんなも俺に髪留めを手渡していく。そして…
「これで俺の髪留めの数は98。てめぇと同点だぜ、ホース」
「ジョ、ジョーロ…っ!そうだ!し、試合の結果はどうなったの?」
「お、そうだったな!そういや試合の分もあるんだっけ!ははっ!忘れてたぜ!…たんぽぽ、これをもらうぜ!」
「仕方ないですねぇ〜!特別に上げちゃいますよぉ!」
「試合の分だ!受け取れ!親友(ジョーロ)!」
「おう!バッチリ受け取らせてもらうぜ!親友(サンちゃん)!」

これで俺の髪留めの数は99。ホースを1つ超えることができた。
「なっ!じゃ、勝ったのは…」
うろたえるホースに

「「これが、俺達のウィニングショットだ」」

「さぁて、ジョーロ、俺は戻るぜ!」
「分かった!試合、お疲れ!来てくれて、助かったよ!サンキューな!」
「…っと、やっべ!一つ忘れてたわ!」
サンちゃんが向かったのはパンジーの前。

「パンジー、約束の件、あったよな?『西木蔦高校が地区大会の決勝戦で勝ったら、俺の恋人になる』ってやつ」
「……ええ」
サンちゃんの言葉が聞こえた時、俺の胸に締め付けられるような痛みが走る。俺はもう知っている。その本当の意味を…

10 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 13:35:49.23 ID:6Nq9SOtu.net

大賀太陽 中学3年10月

野球部を引退。野球名門の唐菖蒲高校から推薦の話が来ていたが断る。
勉強がだめでも『彼女』と同じ高校に進みたかった。
中学校の図書室で『彼女』やジョーロ、ひまわりと勉強する毎日。
たまたまジョーロとひまわりがいなかった日に、ヤツが現れる…ベンチ

ベンチで『彼女』の右側に座った大賀…

結局『彼女』はジョーロのことが好きでその協力をしてほしいと言われる。
ジョーロが自分を偽っていることなどを『彼女』に伝えはしたが、大賀は協力すると答える。
この日以降、大賀はジョーロに復讐心をもち、いつかは勝ってやろうと考えるようになる。

66 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/29(日) 06:09:06 ID:Pr38N8X3.net

削除依頼出して来いよ >>1

133 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2020/01/17(金) 21:36:49 ID:gV9OScsq.net

すごくわかる
こういうスレも立つわけだ

39 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 19:32:59.87 ID:6Nq9SOtu.net

第五章 俺達のウイニングショット

「ジョーロ。君の最大の失敗は、球場で僕と出会ったとき、勝負を始めなかったことだ。実は最初から君の様子を見てたんだ。僕には隠してたことがあるよね」
「…さあ、そうだったか?」
「さっき来た迷子の女の子のことを、僕に隠したよね。それですぐ分かったジョーロが別の女の子からも髪留めを受け取ろうとしているってね」
「…」
「本当に危なかったよ。追い詰められていたのは僕の方だった。電波が悪いと嘘をついて逃げた。初めてだったよ。思ったより屈辱的だった。その分君を徹底的に追い詰めてやりたくなったね」

ホースに髪留めを渡すためにやってきた唐菖蒲の女子生徒はパッと見ただけでも50人以上。
「わざわざ来てくれて助かるよ」

「僕の持つ髪留めは全部で98。ジョーロ、君はいくつ持っているかな?」
「全部で…10だよ」
「試合は終わってないだろうし、今から他の女の子に声をかけてきてもいいよ?」
情けってわけじゃねぇな。ホースは、俺を徹底的に叩き潰して、パンジーに差を見せつけたいんだ。

「いや…、もういい。…俺の負けだ」

「案外潔いんだね。もっとあがくと思ったよ。」
「それと、みんなに一つ伝えておくよ。ジョーロと話し合って決めたことだけどね。罰ゲームの内容が変わったんだ」
「罰ゲームの内容は『菫子と菫子の友達全員に、近づかない話しかけない』」
「そ、そんなっ!き、聞いてねぇじゃよ!」
「ほ、本当なのかい?ジョーロ君!」
「はい、本当です。」
あすなろが津軽弁で驚き、コスモスとひまわりも愕然としている。
「ホース、卑怯だじゃよ!髪留めば渡し終わった後にわぁ達まで巻き込むのは…」
「だから?ジョーロだって、十分卑怯なことをやったでしょ?お互い様だよ。それに、君たちがジョーロと関わり続けたいなら、菫子の友達をやめればいい」

71 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/29(日) 09:27:08.26 ID:4+nOACPp.net

午前11時。
野球部の集合場所。
たくさんの西木蔦高校の生徒が集まっていた。
サンちゃんは甲子園への決意を新たにする。
(このとき、とある理由でジョーロが生徒の中に紛れ込んでいた。)

111 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/30(月) 11:50:41.25 ID:l+sMBjtJ.net

サンちゃんが例えに使った場面にて、スクイズで唐菖蒲高校から1点を奪った西木蔦高校。
9回裏、マウンドに立つ大賀太陽。
たんぽぽがかぶっていた野球帽を渡されている。
ジョーロや図書室メンバー、ツバキの応援の声が聞こえず、寂しい気持ちになる大賀。
ヒットで出塁したランナーを1塁に置き、バッターは4番特正北風。特正は一年前、大賀から決勝打を打った最強のバッター。
心に生じた綻びから球威の落ちた球を投げてしまい、ヒヤッとするが、特正の打球はファウルに。
汗を拭くために帽子を脱ぐとそこにはジョーロの汚い文字で「ロージンバッグ、使い忘れるなよ、未来のメジャーリーガー!」と書かれている。
「ジョーロ、お前の応援が聞こえてきたよ。」秘密兵器で勝負することを決める。
それまで全ての打席てヒットを打っていた特正の打球は凡打。ダブルプレーにてゲームセット。

試合後の挨拶の後、大賀は特正に聞く。ホースに何か頼まれてないかと。何もなかった様子。
特正は大賀に最後の球について聞こうとする。大賀はフォークボールだと答える。

たんぽぽはすんばらしい涙を見せてワタゲストを増やすつもりだったのが、ガチ泣きしてしまい失敗。

そしてジョーロと二人で食べる串カツの話へ。

136 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2020/01/23(木) 12:16:50 ID:34FlnvrB.net

12話は良くできていたと思う
それはそうなんだが実質13話までの時間が空いちゃうのがな

88 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/29(日) 14:06:17.01 ID:XtLHJZ0x.net

アホだ俺…
一進一退です…

86 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/29(日) 10:38:32.99 ID:XtLHJZ0x.net

簡易版は
>>68
からです。
完全にネタバレなので、見たくない人はスレごとNGに入れてください。

4 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 12:30:47.14 ID:6Nq9SOtu.net

大賀太陽(サンちゃん、おおが)のモノローグ
高校2年7月、唐菖蒲高校との高校野球地区大会決勝戦。
「俺の物語を…聞いてください」

時間軸は大賀太陽小四11月へ
野茂英雄のビデオを見て野球を志す。
小学生になるのと同時に加入したリトルリーグで練習をする。
そのときの怖い監督は「オヤジ」と呼ばれていた。
必至に練習した結果エースで四番の地位を手に入れる。
ただ一つ、大賀太陽の問題は、「コミュニケーション能力の低さ」
キャッチャー芝とはこのころからの付き合い。

ある日、大賀太陽が大切にしていた野茂のキーホルダーがなくなる。
この日以降、大賀太陽に対するイジメにも似た嫌がらせが頻発するようになる。
ある日大賀がトイレに入っていたときチームメイトの会話を聞いてしまう…
大賀に嫉妬したチームメイトが嫌がらせをしていた事実。
大賀は自分を偽り「サンちゃん」として行動するようになる。
明るく振る舞うことで嫌がらせは激減。うまく行ったようにみえたが。

52 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/27(金) 14:22:39.38 ID:G+kXVLdv.net

髪留め200個近くも用意して大変だな

5 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 12:40:33.23 ID:6Nq9SOtu.net

大賀太陽 中学1年四月

ジョーロ、ひまわりと出会う。
ジョーロとの最初の会話は「サンちゃん」ではなく暗く冷たく弱い「おおが」で対応してしまう。
一方自分を偽り始めたジョーロはひまわりとの会話でたまに素を見せる。
おおがはそれを察し、俺以外にも自分を偽るヤツがいたことに嬉しさを感じる。
ジョーロとサンちゃんが親友になるきっかけ。

38 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 19:08:44.33 ID:6Nq9SOtu.net

現在9回表。

1番バッターの樋口が2ベースヒットを打ち、2番穴江が樋口を3塁まで進める。
バッターは3番キャッチャーの芝。
普段大きいあたりしか狙わない芝はある方法で1点をもぎ取る。スクイズ。
4番大賀はセンターフライ。
そして9回裏へ

ベンチの奥でプロテクターを装着している芝の元へ大賀は向い、
「あ、あのよ…、芝…」
「なんだ?」
「あ、ありがとな!お前が1点取ってくれたおかげで、勝てそうだよ!本当に、その…助かったよ!」
「…」

「うちのチームメートは全員人が良いから、すぐ顔にでる。だから成功するまで、誰にも言うつもりがなかったんだ」
「え?」
「このスクイズも、お前に対する気持ちも」

「これ、返すよ」
手の平に置かれたものはドジャース背番号16のユニフォーム。野茂のキーホルダー。
小学生のとき「なくして」しまったものだ。
「大賀に対する嫌がらせは全部俺が仕向けていた」
「そ、そうだったのか…。でも、なんでそれを今…?」
「…ずっと大賀に憧れてた。大賀に嫉妬してた」
そうだったんだな。芝にとっての『ジョーロ』は俺だったんだな。
「本当に…今までずっと」
「芝!効いてくれ!その、俺、勝ちたい奴がいるんだ…」
「大賀が?」
「ああ、そうさ。俺がどんなに頑張っても敵わなくってさ、いつもほしいものをくすねていく、ほんと、とんでもない奴さ」

106 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/30(月) 10:17:03.22 ID:l+sMBjtJ.net

中学3年の10月、部活を引退し、『彼女』と図書室で勉強していた大賀太陽。
帰り道の途中にあった『ベンチ』に2人で座ると、『彼女』からジョーロが好きなので協力してほしいと頼まれる。
きっかけ(特異点)は1年生の時の野球地区大会決勝戦。大賀を大声で一生懸命に応援するジョーロを好きになったという。
大賀はジョーロが性格を偽っていることを『彼女』に告げるが、『彼女』はそれでも構わないという。
更に大賀は、ジョーロの完全上位互換の人間がいたらどうすると尋ねるが、『彼女』は『ジョーロ君がジョーロ君だから好き』と答える。
大賀は『彼女』に協力すると言うが、この時からジョーロに強い復讐心を抱くことになる。

『彼女』が偽りの姿のパンジー似の子であることが読み取れる。

137 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2020/02/01(土) 03:13:22 ID:9XU7mUjO.net

9話感動した
バイトで失敗した主人公が心配で、パンジーが駆けつける

31 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 17:20:59.21 ID:6Nq9SOtu.net

(一人称はジョーロです。少し疲れてきた。)

「チェリーさん、つきみさん少し待って貰えないかな」
「ほんとはつきみちゃんとチェリーさんとあすなろさんの5人でお話ししたかったのに、ジョーロが逃げちゃったんだからね!」

お前らは俺の敵に回ったんじゃなかったんだな…

「私たちはジョーロ君の敵ではなく、パンジーさんのライバルだ。だが同時にパンジーさんの友人でもある。ここは友人として行動させてもらうよ」
「いやぁ〜、話すことなんてないっしょ!」
「どいて、私ホースに髪留めを渡す」
「ほんとーにそれでいいの?」
チェリー、つきみに対してひまわりの声が通路に響く。

コスモスがとあるページで手を止める。
「自分の気持ちを終わらすためにパンじーさんを利用してはだめだよ」
「パンジーちゃんりよーしちゃダメ。」
「ワ、ワタシ、利用なんて…、して、ない!」
つきみが普段ださないような叫びを上げる。
「二人は違うっしょ!コスモスっちもひまわりっちもジョーロっちに…」
「その少し前さ。以前別の人が好きだったんだ。その人に自分の恋路を手伝って欲しいと頼まれてね。」
コスモスが語る。
「あのときは本当に最低だったよ。ジョーロ君を道具のように利用して、自分にとって都合が悪くなったらあっさり掌を返して…」
「あのときは本当に済まなかった、ジョーロ君」
「ジョーロ、ごめんね…」
「だから二人の話を聞いたときすぐ分かった。自分の気持ちを終わらせるために大事な人の恋路をかなえようとしているってね」

118 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2020/01/03(金) 14:00:41.03 ID:0EKhibn3.net

まとめ乙
原作読んでないけどこれ完全にサンちゃんがヒロインじゃねえかw

14 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 14:09:29 ID:6Nq9SOtu.net

1塁側スタンド最上部で一人でいるパンジーを発見。
姿は三つ編み眼鏡。
いつものおなじみの会話のあと、髪留めの件で話があることを伝える。
「野球の試合の決着が付くまでホースから逃げるつもりだから、その後俺に髪留めを渡してくれ」
「…分からないわ」
「ジョーロ君、貴方の気持ちを知りたいの」
「う!そ、それは…」
「…時間切れね。早く行った方がいいわ」
後ろをみるとホースが探しに来てやがる。

「あ、菫子、ジョーロを見なかった?」
「さぁ。どうかしらね。」
「なら見かけたら教えて」

この間に出口からスタンドを抜けて球場の通路を全力疾走。
ただパンジーから髪留めを貰う方法は分かったが、覚悟を決めないといけない。

6 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 12:59:23.89 .net

第一章 俺たちのプレイボール

地区大会決勝戦の朝、ジョーロはとある夢をみる。暗示か?
4巻末の振り返り。パンジーが付けている赤い髪留めの数でジョーロとホースのどちらがパンジーのそばにいるのがふさわしいかを決める。
負けた方はパンジーに近づけない・話しかけられない。
コスモス、ひまわり、あすなろはホースに髪留めを渡す。
この時点で0-3でジョーロが圧倒的に不利。
物語はここから。

2週間前の図書室、チェリーの提案でこの勝負にルールを一つずつ付け加えることになる。

・髪留めをジョーロかホースに渡すのは一人の女の子につき1つまで。(チェリー)
・一度髪留めを渡したらやり直しはダメ(つきみ)
・ひまわり、コスモス、あすなろ、パンジー、チェリー、つきみの6人が髪留めを渡して、地区大会の決勝戦が終わった時点で勝負終了(ひまわり)
・髪留めの受け渡しはジョーロとホースがそろっている場所でのみ行うこと(あすなろ)
・髪留めは本人の意思で渡すこと。奪い取るのはなし。(コスモス)
・負けた方はかならず罰ゲームを実行すること。(パンジー)

ジョーロが不正をしないか監視されている間、彼は綾小路颯斗など男子生徒と仲良くなる。

92 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/29(日) 22:51:14.97 ID:4+nOACPp.net

本心を見抜かれたチェリーとつきみは、パンジーに対する負の感情をあらわにする。
それでも三人の説得により、気持ちをホースにそれぞれ伝えることになる。
二人はホースから振られるが、泣きながらもスッキリとした表情を見せる。

その後チェリーはジョーロに、つきみはホースに髪留めを渡す。
この時点で髪留めの数はジョーロが1、ホースが4となる。
ホースが勝ったように見えたのだが…

22 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 15:26:46.36 ID:6Nq9SOtu.net

第三章 俺たちのクロスプレー

ジョーロが1塁側スタンドで家の鍵を無くして困っていた生徒を助ける。
ジョーロの目的は
「…うぇ!なんでいきなりあんたが来てんのよ!?キモい!キモいグロいゲボい!」
サザンカとカリスマ群の皆様と会っていた。
(モノローグにエロい表現があるので割愛)
「ちょっと回りから見えないように匿ってくれないか?あと話を聞いて欲しい」
「ジョーロ、サザンカの隣に座りなよ。私たちが立てば見えにくくなるよ」
カリスマ群の方々はジョーロに優しい。
「それで、あたしになんの用?」
「サザンカに頼みたいことがあってな…という訳なんだよ」
ジョーロは事情を彼女らに伝える。
「あんたこんなときになにやってんのよ!それでその勝負はどれくらい大切なの?」
「今回だけは絶対に勝ちたい。世界で一番大切かもな」
「分かった…手伝ってあげるわよ。感謝しなさい!」
「もちろん、私たちも手伝うよ!」

「まずはどうすんのよ?」
「唐菖蒲高校のつきみと話したいから一緒に来てくれねぇか?もし他のやつといたら引き離して欲しい」

「へ、あすなろ?」
「はい、そうですよ!」
「なんでここにいるんだ…」
「ジョーロ、年貢の納め時ですよ!」
「そいつはどうかな?」
カリスマ群の皆様があすなろを囲む。
「通してけ!わぁはジョーロばつかまえねばならねんず!」

141 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2020/03/06(金) 08:39:05 ID:5RgyD7cf.net

枝野基地外みたいに切れてんなwww

20 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 15:00:14 ID:6Nq9SOtu.net

大賀のこの企みは失敗に終わる。
三色院さんはジョーロが好きだった上に、すべてをジョーロのいる前で暴露された。
ジョーロにはコスモス、ひまわりにはちゃんと謝れと言われた。それは実行した。

「…でもジョーロ、お前はどうするんだよ」
「おれは自業自得だ。つかサンちゃんが面倒臭い立場になるだろ?」
「…そうか。また俺はお前に…」

「まだ俺はお前に負けたわけじゃないからな」
通すべき維持は絶対通す。だから、お前が俺を救うんじゃない。俺がお前を救うんだ。
大賀は翌日教室で土下座をして全てを暴露。
クラスメートはジョーロへの罪悪感を示し、彼の名誉は回復。
ただ大賀はジョーロや三色院さんとは一切話せなくなった。

90 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/29(日) 22:26:32.40 ID:XtLHJZ0x.net

その後、ホース、コスモス、ひまわり、あすなろ、チェリー、つきみがやってくる。
場所を一塁側スタンド最上部から通路の広々とした場所に変える。
そこでは試合の様子がわからない。

そこでジョーロとホースの投票の勝負が始まる。

11 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 13:42:34.95 ID:6Nq9SOtu.net

時系列は現在、地区大会決勝戦へ

午前11時、試合2時間前、野球部の集合場所には多くの西木蔦の生徒が集まっている。
「負けたらどうなるのか…」不安を胸に大賀はサンちゃんとして力強い言葉を生徒に投げる。

ロッカールームへ行くとたんぽぽが待っていた。
「感動の涙を流す準備は万端です」
なんだか安っぽい涙を流そうとしているな。
それにしてもたんぽぽのかぶっている帽子のサイズが大きすぎる。

中学時代から比べたら大分静かだ。ジョーロの応援がないからだ。
まあ、集中できて良いくらいだ。

55 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/27(金) 19:41:07.46 ID:VSEwszt8.net

「だったら、『地区大会の決勝戦で、西木蔦高校が勝ったら、パンジーは俺の恋人になる』って約束を結んでほしい」
「それはできな…」
「パンジー、これは俺の持論なんだけどさ、約束ってのは守るためにあるんじゃない。伝えるためにあるものだと思う。そいつが大事だって伝えるために約束を守るんだ。だから…自分にとってもっと大切なことがあるときは、破ってもいいんだよ」
自分がその約束した相手をどれだけ大切に思っているかを伝えるための。
「…俺の言いたいこと、分かるよな?」
「け、けど、それは…」
「俺と恋人になる約束をして、ジョーロを引き離せ。そこであいつが折れたらお前の勝ち。もしあいつがまた戻ってきたら俺の勝ち。勝負をしようぜ」
俺はなにをやっているのやら…
好きなパンジーにはフラれて、またサポーターに逆戻り。
けど、不思議と前みたいな気持ち(ジョーロに対する恨み)はないよ。

「ジョーロが心配なんだろ。もしお前が勝ったらジョーロはこの件から遠ざかるから安全だ。もちろん、俺もあいつを徹底的に拒絶する。もし、お前が負けたら…そのときはジョーロを信じろ」
「でもそれじゃ貴方は…」
「パンジー、俺は教えたいんだ。ジョーロがどれだけすごい奴かって。俺とジョーロが手を組めばなんでもできるんだぜ?だから頼む。俺と約束をしてくれ」
「…………分かったわ……ごめんなさい。ごめんなさい」

最初から俺が破ることが決定づけられた約束。
(ホースはパンジーと誰かが恋人になっても諦めない。それをジョーロに教えるため、サンちゃんはこんな提案をして、ジョーロに伝えた)

その後は、何もかも俺の予想通り。
ジョーロは全てを理解し、完璧に復活してパンジーのもとへと戻っていった。
パンジー、お前との勝負は俺の勝ちだ。
ジョーロ、俺達でパンジーに教えてやろうぜ。
お前と俺なら、どんなことだってできるってことをさ。

99 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/29(日) 23:53:47.84 ID:4+nOACPp.net

感情的になり、ジョーロを殴ったことで、ホースはパンジーに嫌いと言われる。

唐菖蒲高校の三人が去ったあと、ジョーロは自分の気持ちを伝えるという。
その場に残っていたサザンカは、そのことを知らなかったため、大声を出して驚く。

結局、パンジー、コスモス、ひまわり、あすなろの4人に好きだと言い、ハーレムを目指すも、サザンカを含む五人にボコられて失敗する。

104 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/30(月) 09:49:13.59 ID:l+sMBjtJ.net

幼少期、ドジャースに属していた野茂のがメジャーリーグで初めてヒットノーランを達成したときのビデオを繰り返し再生して観る大賀太陽。その頃はかなり内気な性格で、コミュニケーション能力が低かった。
小学校に上がるとリトルリーグに所属。
黙々と練習した結果、小4のときにはエースで4番。
キャッチャーの芝とはリトルリーグからの付き合い。
ある日、大賀が大事にしていたキーホルダーがなくなる。たまたま聞いたチームメイトの話から、芝が仕組んたものだと知ったが、我慢する。
チームメイトから嫌われたくなかった大賀は性格を偽ることにする。それが『サンちゃん』。明るいサンちゃんとして振る舞うことで、チームメイトからの嫌がらせはほとんど無くなる。
それでも芝だけは疑いの目でみていることを感じ取る。

100 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/29(日) 23:58:32.38 ID:4+nOACPp.net

ボロボロの姿でツバキの店に行くも、ジョーロが事情を説明すると、ツバキに呆れられる。
しかしながら、ツバキに本心を見抜かれる。皆が友達同士になるようにしたことを。
ツバキから、一人だけ特別好きな子がいないのかを聞かれるが、ジョーロはそれには答えない。
串カツを受け取ったジョーロは、ツバキの店を後にする。

67 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/29(日) 09:01:36.40 ID:XtLHJZ0x.net

下げ

127 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2020/01/06(月) 17:25:05.46 ID:Lj1PlnVy.net

>>126
原作1巻3話のペースでアニメを描いてきたから、OVAも1話で3話分の時間を使うと予想(約1時間20分)

19 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 14:50:45 ID:6Nq9SOtu.net

「俺が出会った二人目の女の子」

大賀太陽 高校2年 4月

去年の地区大会決勝戦で負けた後、帰り道で出会った三色院董子さん。
普段はパッとしないのに、実はとんでもない美人
だが大賀は外見に惹かれて恋をしたのではない。
彼女を見かける度、つい目で追っていた。そうしているうちに不思議なところに気付いた。
彼女は徹底して誰からも好かれないように振る舞っていた。
いろいろ考えているうちに彼女に恋をしていた。

大賀は臆病ものだから、じぶんから声をかけることはできない。
そんなときに思わぬチャンスが転がり込んでくる。
ジョーロがコスモスとひまわりの恋のサポートをしている話。それを利用した。
ジョーロに三色院さんとの仲を取り持ってほしいと伝えたところ、予想外にも断られた。
そのため大賀は手段を変えた。
「野球の試合で打たれたら負けという大舞台で、相手チームの4番が出てきたらどうする。やっぱ敬遠かな?」
「僕だったら敬遠だけどサンちゃんは違うよね」
違う…?
「信頼と努力。仲間と自分がやってきたことを信じて全力投球。それがサンちゃんだよ」
大賀は思う。「サンちゃん」はそういうヤツだが「おおが」は違う。
ジョーロを信じるヤツはこの学校から一切いなくなるからな…

115 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2020/01/02(木) 16:39:24.24 ID:eZcTcRzp.net

串カツ屋に入る勇気がない

68 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/29(日) 09:10:46.37 ID:4+nOACPp.net

予想

ホースとの髪留め勝負で、コスモス、ひまわり、あすなろがホースに髪留めを渡し、大ピンチに落ったジョーロ。
負けた方は二度とパンジーに近寄れず話しかけてもいけなくなる。

ホースに勝負を挑んだ後、コスモス、ひまわり、あすなろから熱く告白されるが、髪留めは上記の通り。
勝負が終わったら気持ちを聞かせて欲しいと言われる。

ジョーロの未来は如何に?

123 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2020/01/06(月) 14:13:17.33 ID:Lj1PlnVy.net

実質最終回のOVAの発売時期未定
そもそもアニメの最終回はその期で締めておけって話
だからこういうネタバレスレも立つんだろうな
法的にはなんの問題もないし

105 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/30(月) 10:05:47.89 ID:l+sMBjtJ.net

中学1年の4月、ジョーロとひまわりに出会う。
ジョーロが自分の性格を偽ってることをすぐ見抜き、『自分と同じ』人間として仲良くなる。

その1ヶ月後の5月。気になる女の子ができる(作中では『彼女』と書かれている)。
『彼女』の容姿は、少し長めの方三つ編みに眼鏡。いつもオドオドしていて、何かに脅えるような口調。せいかくを偽ることはなかったが、他人に嫌われないように、自分を主張しないように、感情を押し殺していた。そんな『彼女』を好きになる。

ある日、トイレに入っているとき、芝が自分の悪口を言うのを聞く。芝の大賀に対する嫉妬心から出た悪口。
そこにジョーロがたまたま来て、「サンちゃんの悪口をやめろ」と言うのを聞く。
大賀はジョーロと自分の本質的な違いを知り、親友ではあるものの同士ではないことを認識する。

73 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/29(日) 09:35:42.06 ID:4+nOACPp.net

一塁側スタンド最上部の席でパンジーを見つける。
試合が終わるまでホースから逃げることと、髪留めを最後に渡してほしいことを伝える。しかし、パンジーからは確約は得られない。
ホースが近寄って来たため、ジョーロはその場から逃げる。

44 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 20:44:03.30 ID:6Nq9SOtu.net

「悪いんだけどさ、やっぱり約束はなしにしてくれ!」

サンちゃんが笑みを崩さずにそう言った。初めから、そうするつもりだったんだ。
嘘をつかないパンジーと、自分が破るための約束を結ぶ。
そうやって、自分の気持ちを犠牲に俺と敵対ふりをして、教えてくれたんだ。
ホースが、パンジーに恋人ができても、止まらないということを…

「俺、野球に集中したいからさ、今は恋人とかそういうの作ってる暇はないんだ!」
「…分かったわ。…ごめんなさい」
「ははっ!約束を破ったのは俺なのに、お前が謝るなよな!じゃあ、今度こそ俺は行くぜ!…じゃあな!パンジー!」
「ええ。……さようなら、サンちゃん」
ありがとう…サンちゃん。最初から最後までずっと俺を助けてくれて…。

36 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 18:29:42.58 ID:6Nq9SOtu.net

「君が呼んだ女の子はそれで全部かな…ジョーロ?」
「ああ…。これで全部だよ…」

ホースの表情から焦りは消え、どこか落ち着いた様子に見える。
「君がルールの裏をついてくるのは分かってた。それでも止めなかった理由はわかるよね?」
「今までの僕とは違う。僕は君を真正面から叩き潰す。君の土俵で完全に勝たせてもらうよ」
「つまりさ…僕も同じ手段を取らせてもらったよ」
同時にスタンドから通路にまで響くほど、大きな歓声と巨大な足音が聞こえてきた。

35 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 18:25:05.39 ID:6Nq9SOtu.net

「あ、あのぉ〜、如月先輩…、来ました」
「おう、待ってたぜ!わりいな!サンキューな!」
1塁側スタンドで鍵を必死に探していた西木蔦高校1年の女の子。
「大変そうですし、鍵を見つけてくれた恩がありますし…どうぞ!」
「…それで全部?…ジョーロ?」
「さあそいつはどうかな?」

「やっほーい、ジョーロ」
「サザンカ、一番前はあんたでしょ!」
カリスマ群の皆様だ。
「わりぃな、サザンカ。わざわざ来てもらっちまって…」
「べ、べっつにぃ〜!今日は偶然、無性にあんたに髪留めが渡したい気分だったし!だから勘違い済んじゃないわよ!」
「お、おう…」

これで俺(ジョーロ)の髪留めの総所持数は10。ホースの4と比べても圧勝だ。
仮に試合で西木蔦が負け、パンジーがホースに渡しても、ホースは6!
まさに圧倒的大差!完膚なきまでの差を広げてやったぜ!(フラグくさいなぁ)

「さてと私たちは戻ろっか!サザンカはここでお留守番、よろしくね!」
「ちょっと!…特別に残ってあげるわよ!」
「「「「マーベラス!!」」」」

116 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2020/01/02(木) 16:40:14.54 ID:QV7REX/E.net

このまま消えて忘れ去られていくには惜しいキャラがたくさんいたな…

26 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 16:20:43.43 ID:6Nq9SOtu.net

ホースの語りは続く
「菫子が幸せになるならそれが一番だと思ってた。けどね、菫子の好きな人の正体が分かった時、急に実感が沸いたんだ」
「その人に菫子が奪われるってね」
「ジョーロ…、僕は君を排除する」
「サンちゃんじゃなかった。ジョーロ…君だ。君が菫子の心の中心にいる鍵を持った男だ。だから最優先で消さなきゃいけないのは君なんだ」

完全に闇墜ちホース君になっていました。

(ホースは、分かるようになっている。パンジーの本当の気持ち、そして他人の気持ちを。
それで、性格まで変わっちまったってわけか。
パンジーの髪留めがどうでもいいといったり、つきみに対して髪留めは後でいいと言ったり。
こいつはみんなのいる前で完全勝利しようとしているんだ。)

「なんでてめぇは…」
「この2週間、君の様子を確認してきたんだ。君と言うよりコスモスさん、ひまわりちゃん、あすなろちゃんのお陰なんだけどね。」
「あいつらのお陰?」
「君を大好きな3人は2週間の間君にいろいろなコトをしてたよね。傍目に見て面白かったよ」
「俺は楽しくもなんともねぇ。マジでしんどいんだからな」
「分かるよ。僕もそうだったから…」

122 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2020/01/05(日) 06:01:43 ID:ngWeBfyL.net

OPを2回流すとは

16 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 14:26:24 ID:6Nq9SOtu.net

「チェリーさんはホースに髪留めを渡そうとしていますね」
「そうすればホースっちと菫子が…」
「付き合えるとは限りません。パンジーはホースを嫌っています。だから俺が負けても二人は付き合わない可能性が高いですよ。」

「ならホースとパンジーが付き合ったらチェリーさんはどうするんですか?」
「そうなったら今の恋はおしまいにして、新しい恋をしてみようかなって」

「ジョーロっち逃げようとしている?」
チェリーさんが右腕に抱きついて拘束してきた。
計画通りだ。
空いた左手でチェリーのおっぱいを。

ぶっ飛ばされたが、自販機の隣のゴミ箱もぶっ倒れた。
「あの唐菖蒲高校の人、ゴミ箱倒してない?」
「あれどうするんだろ…」
「チェリーさん、ゴミ箱を倒しちゃダメじゃないですか〜。じゃおれはこれで!」
チェリーの説得には失敗したが光明は見えてきた。
次の女の説得に移るとするか。

93 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/29(日) 23:00:36.20 ID:4+nOACPp.net

ジョーロはルールの盲点をつこうとしていた。髪留めは自分の意志であれば、どの女の子からももらっても問題はない。
店番を一時的に金本さんに変わってもらったツバキがジョーロのところに来て、髪留めを渡す。
迷子幼女とその姉、1塁側スタンドで鍵を無くした1年生、サザンカとカリスマ群の皆様からも髪留めを貰い、ジョーロの髪留めの数は10個になる。
ホースは4個なので逆転成功。
サザンカはその勝負の場に残ることになる。

135 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2020/01/23(木) 02:21:55 ID:Wry16gwW.net

自分は面白く見てた
これから見る人が増えてほしい

42 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 20:21:06.16 ID:6Nq9SOtu.net

「試合なら、もう終わったぜ」

「え?き、君は…!」
「待ってたぜ。…サンちゃん」
「へっ!なーにが待ってただよ!ジョーロ、お前は人使いが荒すぎるぞ?」
汚れたユニフォーム、汗びっしょりの顔。それでもいつもの熱血笑顔は崩さない。
恐らく、試合直後にここに来てくれたんだろう。

ルールで、試合が終わっても、最初の6人が髪留めを渡し終えなければ勝負は終わらないってことだ。
パンジーに時間を稼いでもらった。サンちゃんをここに呼ぶために。
「如月先輩、差し入れありがとうございました!頂いた飲み物は野球部の皆さんと私が美味しくいただきましたよ!」
「私に差し入れできるなんて、如月先輩も幸せ過ぎて仕方ないでしょう!むふふー」
サンちゃんの背後からひょっこり現れたのはたんぽぽ。目が少し腫れている。

「君は…、たんぽぽ!」
そういえばホースとたんぽぽって同じ中学出身だったな。
「お久しぶりですね、葉月先輩!あ、もしかして私が愛しく成長しすぎてときめきがとまりませんか?むひょひょひょ!」
どう見てもホースはときめいている顔じゃねぇだろ。
「あ、如月先輩、前にお貸しした髪留めの袋を返してください!大賀先輩に頼まれてから予備の髪留め60個持ってきてもらいましたが、それでも足りなそうなので!むふふふ!」
「わかった。…ほれ、こいつだ」
「では、代わりにこちらをどうぞ!髪留めを入れる用ですよ!」
渡されたのはたんぽぽがかぶっていた、少し小さめの野球帽。
「それにしても朝のジョーロには笑ったぜ!飲み物を売りながら、俺達野球部の集合場所に来て、話しかけてくるんだもんな!」
「仕方ねぇだろ!ちょっと匿ってもらった礼というか…いろいろあったんだよ!」
俺(ジョーロ)がサンちゃんに勝負の件を頼んだのは、試合が始まる前。
焼き鳥屋の屋台に身を隠し、その代わりに売り歩きを命じられていたときだ。
サンちゃんがホースとの勝負の件を知っていることは、あすなろを通じて『たんぽぽがサンちゃんに勝負の件を伝えた見たいですよ』と。
サンちゃんには中途半端に『頼むぜ』とだけしか伝えられなかった。サンちゃんは『俺を信じて待ってろ』ってさ。
「ジョーロ、野球部の応援をしてくれたチア部、吹奏楽部、他にも応援してくれたみんな、とにかく片っ端から連れてきたぜ。」

61 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/27(金) 21:24:18.09 ID:VSEwszt8.net

「はあ、君は、バカなのかな?」
北口にあるツバキの屋台にて。
「女の子は、好きな人のたった一人の特別な人になりたいものかな。なのに、みんなでなんて、そんな都合のいい女の子が、いるわけないじゃん」
「俺はあいつらにこっぴどく嫌われたけど、他の奴ら同士の仲は、悪化してねぇ」
「ジョーロ、本当の気持ちを隠すのはどうかと思うな」
「…なんのことだ?」
「君はパンジーに友達をあげたんでしょ?いや、パンジーだけじゃなくて、コスモスさんやひまわり。そしてあすなろもかな?」
どうして俺の周りには、こう厄介な女が多いのだろう?
「ひまわり、コスモス会長、それにあすなろもだが、あいつらはみんなから仲良くはされるけど、特別扱いされがちなんだよ。」
「それで四人を仲良くさせようとしたの?それって君のエゴじゃないかな?」
「ツバキは、恋人しかいねぇ高校生活と友達しかいねぇ高校生活だったら、どっちが楽しいと思う?」
「後者かな。…で、君が誰か一人を選んだら、その関係が壊れちゃうと思ったのかな?」
「半分正解だ」
「じゃあ、残り半分は?」
「そもそも『選ぶ』なんて表現が間違ってんだよ。俺にできるのは、伝えることだけだ。好きな女に、『好きだ』って言うだけだ」
「それでみんなに好きって言ったのかな?本心で?」
「当たり前だ。全員、いい女じゃねぇか」
「なら最後に教えてほしいかな。君には、誰か特別、一人だけ大好きな女の子はいなかったのかな?」
「…さぁな。そいつは教えられねぇよ」
「ジョーロはケチンボかな」

「串カツサンキューな。…これは代金だ」
「ん。毎度ありかな。けどジョーロ、あの人はどこから来るのか分かるのかな?去年、渡しそびれちゃったんだよね」
「当たり前だろ。俺達は親友なんだからな」
「ジョーロはあの人が大好きすぎるかな」
「だろ?特別、一人だけ大好きな男の子だからな」

75 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/29(日) 09:50:48.18 ID:4+nOACPp.net

ジョーロは一度通路に逃げる。
ジョーロはこの時点で髪留めを2個手に入れられると見込んでいる。
突然声をかけられたと思ったらホース。
ホースには、パンジー、チェリーと会っていたことを話す。(迷子幼女のことは話していない)
ホースは、パンジーが誰に髪留めを渡しても構わない様子。(勝負にのみこだわっていると推測)
勝負を始めるから皆に連絡すると言ったホースだが、左手の親指と中指をすり合わせつつ(ジョーロの右手の癖に相当する行為と推測)、電波が悪いからと言ってスタンドの方に行く。
ジョーロは助かったと思ったが…

58 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/27(金) 20:39:32.70 ID:VSEwszt8.net

…ジョーロだ。こんな汚い字、あいつ以外いない。
これが、世界で一番俺に勝って欲しい気持ちがこもった帽子かよ。
あのとき、パンジーへの気持ちを伝え、協力を断られたために陥れようとした時の言葉。ちゃんと憶えていてくれたんだな。
ジョーロ、お前は黙っていてもうるさいな!
何が応援をしないだ!ちゃんと応援をしているじゃないか!
…聞こえたよ。ちゃんとお前の声が…。

ロージンを使い、決心する。
…決めた。あの球で行こう。

「アウト!ゲームセット!」
「おぉぉぉぉぉぉっしゃあああああああ!!」
「サンちゃああああああああん!」
「や、やりましたよぉっ!皆さん、甲子園ですよぉ!おめで…あぁぁぁぁん!!」
「ははっ!たんぽぽ、そんな変な顔で泣いていいのかよ?ひっでぇ顔だぞ?」
「いいんです!私がそうしたいからそうするんです!本当に大賀先輩、すごいです!皆さん、すごいです!やったぁぁぁぁぁ!」
「サンちゃん、甲子園だ!本当に…本当にやったよ!」
「芝!お前の一点のお陰だよ!最高だったぜ!」
誰よりも早く俺のもとへ駆けつけた芝が、俺の体を抱きしめる。
思わず俺も涙が溢れそうになったが、ぐっと堪えた。俺は『サンちゃん』だから。

試合後の挨拶。俺の正面に特正北風。
「特正、この後になんか予定はあるか?」
「いや、ない…」
ホースに呼ばれていないのか。これがジョーロとホースの最大の違いだろう。
自分を信じるホースと、他人を信じるジョーロ。
俺の親友はすぐに人を信じて騙される、馬鹿な奴なんだよ。

「それより大賀、最後の球…」
「1996年9月17日。ロッキーズ対ドジャーズ戦。野茂がメジャーで初めてノーヒットノーランを達成した時の最後の球って知ってるか?」
「い、いや…」
「フォークボールだ」

15 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 14:17:34 ID:6Nq9SOtu.net

球場の通路にて迷子になっている5歳くらいのツインテール幼女を発見。
「一緒におねぇちゃんを探してやるよ」
「でも知らない人について行っちゃいけないって…」
「俺は如月雨露。これでもう知っているだろ?」
「あまつゆ…つゆおにいちゃん!」
その呼び名はやめろ。
その子と3塁側スタンドへ行く。唐菖蒲高校の応援席の方向。

「ありがとうございます。妹を連れてきてくれて助かりました。」
「ありがと、つゆおにいちゃん!」
唐菖蒲高校の女子生徒に届けたところ、
「ジョーロっちってうちが思ってたよりずっと優しいんだね」
「どうもチェリーさん」
「君を拘束させてもらうよ」
「俺逃げるとは一言も言ってないです。チェリーさんと会ったら話をするつもりだったので」
「ホースっちに連絡したし来るまで聞いてあげるよ」

62 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/27(金) 21:39:22.35 ID:VSEwszt8.net

【俺が言うべき言葉】

「ふぅ…」
ロッカールームで静かに息を吐く。
野球部のみんなからは一緒に帰ろうと誘われたが、試合で疲れたから少しゆっくりして帰りたいと伝えた。
試合で疲れたというのは嘘。ちょっと『サンちゃん』をやるのがしんどかったんだ。
ゆっくり心を休ませてやりたいんだ。おつかれ『サンちゃん』『おおが』。
…勝てて良かった…
できることなら誰か一人、大事な奴がそばにいて…
…じゃあそろそろいくか。
家が一番近いのは北口だが、俺はそこから出ない。
ボヤけた視界で、俺は出口へと進む。そしてドアを開くと…

「遅かったじゃねぇか」

ジョーロが串カツを両手一杯に持って立っていた。何があったか知らないが、制服は汚れが目立ち、顔が腫れている。

「…なんで、…ごごから出てくるっで…分がったの?」
「簡単だ。前に言ってたじゃねぇか。泣き顔が見られたくない時は、南口だろ?」
「だっだら、わざわざ来ないでよ…。誰にも見られだぐないっで、分がってるなら…」
言葉が上手くでない。正面にいる男の顔が良く見えない。
「そりゃできねぇ相談だ。てめぇを最初に祝うのは、誰にも譲るつもりはねぇんでな」
「…みんなは…、どう、しだの…?」
「フラれた」
嘘つけよ。どうせまたロクでもないことをやって怒らせたんだろ?お前はバカだから。
俺みたいな奴を優先してしまうくらい…、バカな奴だから。
「ほれ、これでも食えよ。ツバキの串カツだ。メチャクチャ美味いぜ」
「ねぇ…、前の約束、憶えてる?『君を煮るなり焼くなり好きにしていい』って権利が手に入るやつ」
「そんなんあったな…。いいぜ、なんでも言ってくれ」

24 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 15:49:43.43 ID:6Nq9SOtu.net

電光掲示板は0-0。

「よう、つきみ。てめぇに用があって来たんだ」
「そ、ホース見なかった?ホースと連絡付かない方がや」

「つきみはホースとパンジーが付き合ったら、その後はどうするつもりなんだ?」
「ワタシの気持ち、おしまいにする。ただの幼なじみになる」
「俺に協力してくれたらホースとてめぇが付き合えるように…」
「いらない。そういうの、や」
「ホース俺に言ってたんだぞ。『つきみちゃんは僕にとって一番大事な幼なじみだ』って」
「…え?ほんと?」
「だからつきみとホースが恋人同士になる可能性はゼロじゃねぇよ」
「そ♪」
つきみは上機嫌になると『♪』がつくんだな。
「だから無理なんて思わずに頑張ろうぜ?俺に髪留めを…」

【ポン】【ポンポン】
だれだ?げっ…
「ジョーロ、さっきぶりだね。探しちゃったよ!」
「ね、ホース。ワタシ、大事?」
「もちろん!つきみちゃんは僕の一番大事な幼なじみだよ!」
「そ♪♪♪♪♪♪♪♪」

「ホース、髪留め上げる。これでホースの勝ち」
「つきみちゃん、髪留めはみんながそろってから受け取りたいからいまは大丈夫だよ!」
「それよりみんなに『ジョーロと一緒にいるから探さなくていい』って伝えて貰っていいかな」

これ以上作戦の続行は不可能だし…、終わったな…。

41 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 20:01:46.14 ID:6Nq9SOtu.net

「それが君の最後の抵抗かな?」
煩わしさの中に、悔しさを滲ませたホースの表情。
コスモス達の答えが気にくわなかったのだろう。
「ホース、1つ聞くが、てめぇは俺が球場に来た時から最初に会って別れるまで、ずっと俺を見てきたんだよな?」
「そうだよ。君が最初に菫子に髪留めの件を頼んで、その後に他の女の子達に話しかけられているのは、全部見てきたけど?」

「俺が、誰よりも最初に髪留めの件を頼んだのはパンジーじゃねぇ!」

「ふーん。負け犬の遠吠えかな?」
パンジー、助かったぜ。髪留めを誰にも渡さず、ホースの注意を引いて時間稼ぎしてくれてよ。
ちゃんと届いていたんだな、俺の言葉は。
「そうだな、俺の物語の主人公は俺ってことになるな」
「当たり前のことを言わないでよ。もういいでしょ。それじゃ僕は菫子と…」
「質問だ。主人公の前にどうしても勝てない相手が現れた。そいつに勝つためにてめぇはどうする?」
「はぁ…、そんなの勝てるようになるまで努力するしかないでしょ?」
「だが、俺の答えは違うぜ」
作戦の第一段階だけで勝てるなんて、最初から思っていなかった。だから…

「ホース、確かに俺は負けた。けどな…俺達はまだ負けてねぇ!」
「…俺達?」
「やっぱり気付いてなかったんだな。それが俺とてめぇの違いだよ」
見せてやる。俺の作戦の…第二段階をな!

81 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/29(日) 10:12:42.98 ID:4+nOACPp.net

試合は0対0。
3塁側でつきみと出会う。
つきみは、ホースとパンジーが付き合ったらこの恋を終わらすと、チェリー同様に言っていたが。
ジョーロがつきみに、『つきみちゃんは僕の一番大事な幼馴染だよ』と言っていたことを伝えると、機嫌が良くなる。
しかし、説得中に再度ホースに見つかる。

130 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2020/01/09(木) 06:49:07 ID:/pI/NE+2.net

夏アニメより円盤が売れない傾向が強まってるな
OVAにしてもどうせ配信されるだろうし

13 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 14:00:38 ID:6Nq9SOtu.net

第二章 俺たちのイレギュラー

どうも、ジョーロです。(挨拶は略)
1塁側スタンドに潜入成功。
焼き鳥屋に匿って貰った見返りに焼き鳥売り歩きをさせられていた。

13時4分。西木蔦高校の攻撃。
チアリーダーや吹奏楽部の応援。
俺も応援したかったな…
せっかく早く来たのに時間が全て失われちまった。
ホースとの勝負も始まっている。
俺の作戦は「ホースがいないところで、他の女達を説得する」
これまでの2週間監視し続けられ、勝負できるのは今日の短い時間のみ。
時間ギリギリまでホースから逃げ続け、九回表もしくは裏にホースと顔を合わせて髪留めの受け渡しを行う。
失敗は許されない。他に作戦がないからだ。

50 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 21:58:57.37 ID:6Nq9SOtu.net

休息。
続きは後日。

60 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/27(金) 21:08:03.75 ID:VSEwszt8.net

「だからよ…、全員、俺と付き合えばいいだろ?だって両想いだし」
鈍感純情BOYだった頃、俺はひまわりとコスモスと、うれし恥ずかしイチャイチャ学園生活を夢見ていた!
だが、それでは現在の俺はまるで満足できない!
もっと、すごいハーレムが作りたいと、決意を新たに成長したのだ!
「名案がある。月曜日はコスモス会長、火曜日はひまわり、水曜日はあすなろ、木曜日はパンジー。これでみんな平等だ!」
「金曜日はツバキがいるから大丈夫だぜ!」
これで万事解決だ。前回言い切れなかった言葉を、最後まで言わせてもらうか。
「俺が好きなのはお前達だよ」

「し…し…」
およよ、理由は皆目見当つかないが、サザンカの体がブルブルと震えている。
「サザンカ、大丈…」
「死ねぇぇぇぇぇぇぇ!」
「うわらば!」
「さ、さいってい!ほんとゴミ!クズ!あんたに、今日を生きる資格はないのよ!」
「あべし」
なぜ、世紀末覇者から容赦なき、北斗残悔積歩拳をお見舞いされなくてはならないのだ…

その後、誰も止まることなくその場を去って行った。
まさか、俺の華やかなハーレム生活が開始する以前に、ゲームセットとは。
俺、今回はめっちゃ頑張ったんだから、ちょっと大目にご褒美をもらったっていいだろが!
なぜ、毎度毎度、俺の思った通りに事が進まない?
俺はラブコメなんて、大嫌いだ!!

129 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2020/01/09(木) 00:59:24 ID:/TIrYTZM.net

2019秋アニメ1巻売上
17,407 GRANBLUE FANTASY The Animation Season2
*9,849 ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld
*7,111 アズールレーン
*3,473 スタンドマイヒーローズ PIECE OF TRUTH
*2,196 ファンタシースターオンライン2 エピソード・オラクル
*1,298 ぼくたちは勉強ができない!2期
*1,251 ちはやふる3
*1,015 俺を好きなのはお前だけかよ
**,977 ACTORS-Songs Connection-
**,759 私、能力は平均値でって言ったよね!
**,650 本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません
**,579 警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 -トクナナ-
**,544 戦×恋
**,382 アサシンズプライド
**,206 魔入りました! 入間くん
**,*** この音とまれ! (第2クール)
**,*** Fairy gone フェアリーゴーン (第2クール)
**,*** 厨病激発ボーイ

34 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 18:14:18.63 ID:6Nq9SOtu.net

「おう。待ってたぜ、ツバキ」
「ツバキさん、なぜ君はここに?」
コスモスが尋ねる。
「もちろんジョーロの力になるためかな」
ウィンクをして微笑むツバキ。本当に助かったよ。
「ボクはジョーロがパンジーのそばにいた方がいいと思うから、君に髪留めを渡すかな」
「ええええええ、ジョーロ、どういうことですか!?」
みんなを代表するかのようにあすなろが叫ぶ。
「待つんだあすなろさん!えっとルールは…そういうことか!ジョーロ君、君は本当に悪巧みが上手だね。正直少し呆れているよ」
「褒め言葉として受け取っておきますよ」
ルールの抜け穴…
「お前らが作ったルールに、お前ら6人からしか髪留めをもらえねぇなんて、書かれてねぇ!つまり、髪留めを持っている女なら誰でもいいってことだよなぁ?」
「あ、そっか。あはは、ジョーロ、ずるいね!」
「なるほど、そういうことでしたか」
ひまわりとあすなろが笑って俺を見つめる。
「ジョーロっち…大分卑怯だよね?」
「ゴミ」
けっ!卑怯で結構。勝ちゃいいんだよ、勝ちゃ!
「おにぃちゃん、おっまたせ!」
「走らないの!…あ、如月さん、さっきぶりです」
「はい!さっきぶりですね!待ってましたよ!」
球場で迷子になっていた幼女とそのお姉ちゃん。彼女らにも頼んでおいた。
「どーぞおにぃちゃん!これでいい?」
「では、私も…はい」
「ありがとうございます。本当に来てくれて助かりました」
「それじゃボクもそろそろお店に戻るかな。ジョーロ、試合が終わったらちゃんと取りにきてくれないと怒るかな」
「分かってるよ、それと助かったぜ、ツバキ」

「さて、ホース。…これで、同点だな?」

32 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/26(木) 17:38:57.76 ID:6Nq9SOtu.net

「コスモスっち、全部正解だよ…」
「…その、通り」
チェリー、つきみが認める。
「でもそのくらいの権利はあってもいいっしょ!菫子っちがいなければこんなことにならなかったんだ!」
「全部…、菫子が悪い」
チェリーとつきみが初めて見せる「悪意」。
俺(ジョーロ)はとっさにパンジーを自分の背に隠す。制服の裾をキュッと掴む感触が伝わる。

「ちがうよ。パンジーちゃん悪くないよ…」
パンジーをにらみつける二人の前にひまわりが立つ。
「わたしおばかだからちゃんと言えないかもしれないけど…前に大好きな人にちゃんと言えないままおしまいしちゃった」
ひまわりは続ける。
「その人パンジーちゃんが好きだったの。私最初パンジーちゃんずるいって思った…けど、一番ずるいのはわたし。怖くなって逃げ出しちゃったわたし」
「だから決めてたの。今度はちゃんと言うって!わたし、ジョーロが好き!大好き!ジョーロが別の子を選んでも好き!大好きで大好きで大好きなの!」
「ジョーロ君、もちろん私も、君が、だ、だだだ…大好きだよ…」
「当然ながら私も大好きですよ、ジョーロ」
ひまわりに続き、コスモス、あすなろも再び気持ちを伝える。
「だからね、つきみちゃん、チェリーさん…、がんばろ?ちゃんとがんばると楽しいよ。怖いけど…、楽しいよ」
「ひまわりっち…、けど、うちらは…」
「……でも…」
「大丈夫です!言葉は気持ちを込めれば伝わります!別に断られてもいいではないですか?黙ったままでいるより、伝えてしまえばすっきりしますよ。これは私の経験談なので間違いありません!」
「そ、そりゃそうだけど、その後の関係とかさ…」
「問題ありません!貴方達の大切な人は気持ちに応えられないからと貴方達をないがしろにするような人ですか?」
「私もあすなろさんの意見に賛成だ。素直にその気持ちを伝えるべきだ」
「だいじょうぶ!わたし、ジョーロと仲良しだよ!」
ほんの一瞬、沈黙が包む。

94 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/29(日) 23:11:07.64 ID:4+nOACPp.net

ホースは、ジョーロと通路で会ったときにこのことを悟ったといい、唐菖蒲高校の女子生徒を大勢呼んだ。
ホースの髪留めの数は98個になり、ジョーロに大差をつける。

野球の試合は、9回表、1アウト3塁ランナーがいるときに、普段大振りしかしない芝がスクイズを決め、1点のリードとなる。

120 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2020/01/03(金) 19:26:37.80 ID:KbQ++cq+.net

13話ないの?(´・ω・`)

98 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2019/12/29(日) 23:45:57.02 ID:4+nOACPp.net

これでは負ける、と思ったホースは、パンジーから髪留め貰おうと必死になる。
ジョーロはパンジーに、好きにしろと言う。
パンジーは、中学時代の話は中学時代の私で終わらせるといい、三編みをほどき、眼鏡を外す。その姿を見たサザンカが花舞展を思い出し、驚く。
パンジーは、

「ジョーロ君が好きなの」

4月に図書室で言ったのと全く同じ言葉を告げ、髪留めをジョーロに渡す。
ジョーロの持つ髪留めは100個、ホースは98個。

ジョーロの勝利で勝負に決着がつく。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事